読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第21回 塀について(2)

阪神・淡路大震災の時も、多くのブロック塀が倒れ、神戸市相楽園の主客門は倒れていないのに、脇の長い漆喰壁の塀は壊れるなどの被害を見ました。高速道路も倒れていました。長い建造物は地震の波に耐えられないと思いました。建築基準法施工例の2.2メートル以下の高さでもブロック塀が倒れない保証はありません。子どもが歩いていたら怖いと思いました。例えばコンクリート製のブロック塀は1メートルまでとして、上にアルミ製などのフェンスや木製の塀などとするというような条例は作れないものかと思いました。東京都は基準が厳しいと聞いたことがあります。調べてみたいと思います。

写真 壊れなかった主客門、漆喰壁の塀は壊れた(1995年3月撮影)。修復された主客門と漆喰壁の塀(1998年3月撮影)

f:id:juukankyou:20170411203546j:plain

f:id:juukankyou:20170411203556j:plain

f:id:juukankyou:20170411203605j:plain